今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

醤油の塩分は気になるところです。

どうも本田です。

 

今日はお客様から寄せられる質問にお答えしたいと思います。今回はよくある質問のひとつである塩分についてです。

 

Q.醤油には食塩が含まれていますが、塩分のとり過ぎにはなりませんか?

 

醤油からの食塩摂取量は一人当たり1日3g弱と言われています。3g弱は醤油にすると約20mlに相当します。下の表で見ると24年の平均値が10.4gです。醤油が3g弱ということですから大体醤油の摂取量は30%弱ですね。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20140726164641j:plain


平成24年「国民健康・栄養調査」の結果より引用

 

上記の図ですが、徐々に食塩摂取量が減っていっていますね。厚生労働省は平成12年に「21世紀における国民健康づくり運動」の中で成人1日あたりの平均摂取量を10g未満を目標とすることを示しました。それもあってか僅かずつですが微減してます。次に年代別の食塩摂取量を見てみましょう。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20140726164728j:plain


30代の本田ですが、どの年代よりも食塩摂取量が低いです。それでも女性のどの年代よりも多いですが。やはり数値だけみたら男性は濃い味が好きって事なんですかね。

 

子供の頃うちの父親が母親の作った味噌汁に「おい、なんか味が薄いぞ!」なんて言っていたのを思い出しました。

 

さてさて話がそれましたね。食塩のとり過ぎは高血圧を起こしやすく、心臓病や脳卒中などの病気になる可能性もあります。塩1gは小さじ1/5杯ですが、醤油は小さじ1杯に相当します。

 

ですので醤油業界もここ最近では食塩濃度の低い醤油を販売しています。昔の濃口醤油の食塩濃度は18~19%でしたが、今は16%が普通です。さらに減塩醤油(9%)、うす塩しょうゆ(13%)等があります。

 

弊社の芳醇天然かけ醤油は100mlあたり12.5%、根昆布醤油は8.5%です。

 

時代によって求められる味が変わってきたと言うことですかね。上手に使い分けしたいものです。

 

それではまた!