今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

本田が感じたAISAS理論

どうも本田です。

 

いきなりですが、みなさんが何かを欲しいって思う時はどんな時ですか。本田は今物凄くGoProのカメラが欲しくなりました。その理由は以下のブログです。

 

ゴープロが作れない組織というのは、自ら創造力を削いでしまっている。

 

エクスペリエンス・マーケティングで有名な藤村正宏氏のブログです。本田はちょこちょこ拝見させていただいております。その藤村氏のブログエントリーでGoProというカメラを紹介しています。

 

それまで本田はGoProと言われても「えっ?なにそれ?」っていうレベルで全く知りませんでした。そんな本田が藤村氏のブログエントリーを読んでいくにつれて、そのGoProの良さをだんだんと理解していきます。「ふーん、なんか凄いカメラなんだなぁ」ぐらいに。

 

文章を読んだだけでは、本田の物欲はそこまででしたが、YouTubeに上がっている動画を見たらもうやられました。物欲に火がつきましたね。


GoPro: Masters of Indo - YouTube

 

本田は動画のようなサーフィンしないですけど、その映像の凄さに度肝を抜かれました。本田も動画が撮れる一眼レフ持ってますけど、さすがに防水じゃないのでコレは撮れません。

 

でもこの動画を見て、色々と買った後の事をイメージしたんですよね。本田はレシピ動画作るから頭にこれ付けて、料理作る動画なんておもしろいなとか、ランニングやウォーキングしてそれを倍速スピードで流すだけでも面白い映像になるなぁとか。

 

今持ってるカメラってちゃんと手に持って撮るものなので、こういうウェアラブルカメラっていうんですか。そこにこの商品の良さをすごく感じてしまいました。

 

さらにこのGoProを調べてたらカメラ関連のレビュー動画をたくさんアップされてるYouTuberの瀬戸弘司氏の動画を見てさらに欲しくなる始末。


はじめてのGoProカメラ!GoPro HERO3 Black Editionがやってきた ...

 

一度、物欲に火が着いたら止まらない本田はすぐにアマゾンでポチッとしてしまいそうな勢いです。

 

とまぁ、GoProを今にも買ってしまいそうですよというエントリーになりつつあるんですが、本田が言いたいのはそこではなくて、何で本田はGoProを欲しいと思ったのか。

 

昨日まで本田はGoProを全く知らなかったんです。それが藤村氏のブログを読んで、さらにそこから自分でGoProを調べて、ますます欲しくなる。動画が撮れるカメラは持っているのにもかかわらずGoProが欲しくなった。

 

理由は今のカメラにない機能(使い方)があるから。本田は上記書いたようにレシピ動画とかで使えそうってイメージしました。勿論今のカメラでも撮れるんですけど、その使い方には満足していなかった。もっと三脚とか無くて手軽に撮りたいなーっていう潜在的欲求があった。それに合致したのかなと考えてます。つまりは買った後の良い体験がイメージできたんです。

 

自分で情報を取得していけるってところが昔と今で違うところですね。本田がガキの頃はまだネットも普及してなかったから瞬時に情報を取得できなかったけど、いまは検索して一発で欲しい情報を取得できますよね。

 

だからその分購入までの決断が早いってこと。今の本田がそうであるように。逆を言えば本田がもっと分かりやすい情報を伝えればよりお客様に、製品の良さを伝えられるのかなと感じました。

 

ちなみに消費者が商品を買うまでの流れについて、今では「AISAS理論」って言うみたいです。

 

AISAS」とは消費者の各行動が英語の頭文字で表されており、それぞれ次のような段階を意味している。

  • 「Attention」(注意が喚起され)
  • 「Interest」(興味が生まれ)
  • Search」(検索し)
  • 「Action」(購買し)
  • Share」(情報共有する)

 

藤村氏のブログにより注意喚起、興味が生まれ、自分でYoutubeを検索し…というところまで進んでます。あとアマゾンのボタンを押すかどうかはお財布と相談です。購入後、自分で動画アップして情報共有ですね。

 

長くなりました。それではまた!