今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

やさしいだし醤油のやさしさとは?

どうも本田です。

 

今日は「やさしいだし醤油」の開発までの道のりについてお話します。先日のブログでもお話ししたように減塩のだし醤油を新発売しました。弊社の人気商品「芳醇天然かけ醤油」と比べれば36%塩分をカットしている醤油です。

 

塩分を減らした理由はもうご存知の通り、社会が求めている味だと川中醤油が認識しているからです。現にお客様からのお便りで「天然かけ醤油はちょっと塩辛い」というお声を頂いていたという事もあります。それを受けてこの度なんとか完成までこぎつけたというところですね。

 

この商品、通販・店舗専用の商品でして当然そのメンバーが中心となり味やネーミングなどひとつずつ決めてきました。まず味ですが、これはなんとも文字だけでは伝えることに限界がありますが、本田が感じるこの商品の良さを語ってみます。

 

完成した商品を家に持ち帰り、卵かけご飯にして食べました。(先日のブログ参照)かけて使う分には文句なしに美味しい醤油です。本田の場合、甘い醤油の方が好みです。このやさしいだし醤油は程よく甘い醤油で、りんごの果汁が絶妙に効いてます。

 

そして今日はだし巻き卵と、納豆にかけて食べてみました。だし巻き卵はほどよく味が感じられる味わい。ただこれはどれだけ醤油を加えたかにもよりますが、問題なく美味しいです。ちょっと濃い目の味付けが好きな方は少し物足りないとも思います。

 

次に納豆ですが、卵かけご飯同様にかけて食べる分には旨さが際立つ醤油です。料理の中の調味料として使う分にはまだ未知数です。これから色々と料理を作って試してみます。

 

味はこの辺にして、次にネーミングです。このやさしいという文言、結構インパクトがあるなぁと感じています。川中醤油が届ける「やさしさ」とはお客様の健康です。

 

弊社の企業理念として「川中醤油は優れた技術と凄まじい想像力により、健康社会の実現に貢献する」という大義がございます。健康社会の実現とは、弊社の商品を使って健やかに日々過ごして頂くことを考えています。

 

生活の中で少しでも川中醤油の商品が役に立つのであればこれほど嬉しい事はありません。

 

とまぁ、そんな想いが詰まっています。

長々と説明しました。それではまた!