今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

卵かけご飯の日

どうも本田です。

 

タイトルの通り今日は「卵かけご飯の日」です。島根県雲南市の「日本たまごかけごはん楽会」が制定したそうです。日本たまごかけごはんシンポジウムなんてのも開催されているようですね。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/e82/1404366/20131004_736682.jpg?_ga=1.41209249.284204266.1390741321

これは去年のポスターですね。 

 

そもそも卵かけご飯って誰が考案したんでしょうか?いつも通りwikipediaで見てみると、岸田吟香なる人物が最初っぽいですね。

 

近代に入った1877年頃、日本初の従軍記者として活躍し、その後も数々の先駆的な業績を残した岸田吟香1833年 - 1905年)が卵かけご飯を食べた日本で初めての人物とされ、周囲に卵かけご飯を勧めたとされている。

卵かけご飯 - Wikipedia

 

そんな卵かけご飯ですが、やはり人気を裏付けるように様々な卵かけご飯専用醤油が発売されていますね。本田も何社かの卵かけご飯専用醤油を使ってみましたが、やはりだし醤油が多い印象ですね。

 

数多くの商品が登場するとなれば、専門店も各所にできているようです。広島には「たまー」というお店を食べログで見つけました。


たま一 - 横川駅/定食・食堂 [食べログ]

 

そういえば、卵って何年か前から急に価格が上がりましたよねー。2012年の1月はM、Lサイズ両方共120円ぐらいです。あの頃の価格が懐かしいですねー。

f:id:kawanaka_shouyu:20141030230327g:plain


JACCネット 鶏卵情報 | 鶏卵価格変動表(全農東京市場)L・Mサイズ

 

卵に関しちゃ本田は大好きで、卵かけごはんだけじゃなく出汁巻き玉子、目玉焼き、は頻繁にやります。

 

ということで最後に本田がこだわる卵かけご飯の食べ方について語りたいと思います。卵かけご飯は絶対にご飯はアツアツじゃないと駄目ですね。冷やし卵かけもあるようですが、本田は断然アツアツ派。ご飯の熱でだんだんと卵が熟していくあたりで食べるのが一番うまいと思っています。

 

そんなわけで、昨日のブログでも菊本主任と卵かけご飯の動画を撮った話をしましたが、昨日の出来がちょっとアレだったんで今日も家に帰って卵かけご飯をやりました。もちろんアツアツご飯です。その上にアボカドとわさび、さらにはネギも加えて食べました。昨日のレシピとほぼ一緒です。

 

大事な決め手は天然かけ醤油。やさしいだし醤油でもおいしいですが、川中醤油で卵かけご飯と言えば天然かけ醤油が一番です。それに勝るとも劣らないやさしいだし醤油といったところですかね。

 

やっぱ簡単にできてうまい!それだけで十分ですよね。上記で紹介したお店近々行ってみます。美味しい卵かけご飯が食べたい。

 

それではまた!