今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。好きなことやら興味のあること書いていきます。

本田の仕事ちょっとお見せします。

どうも本田です。

 

本田も川中醤油に入って5年目ですからね。友達・知人から「えっ?醤油作ってるの?」なんて事を言われることも少なくなりましたね。まぁ、そりゃ川中醤油とあって、分かりやすく「醤油」という単語があればそう言いたくなる気持ちもわかります。ただ醤油屋にも営業部員がいて、その営業部の中にも色々な部署があるってことです。

 

本田は通信販売の仕事をしています

 通信販売の仕事は弊社のお客様にDM(ダイレクトメール)を発送して、それを閲覧頂いた方からご注文を頂くという事ですね。その他にもインターネットでも販売はしていますよ。本田はDMを作ったり、Webサイトを更新したりという仕事やってます。本田は過去にWebデザインをやっていたので、こういった事が出来たりします。

 

ちなみに現在お客様に発行しているDMは下記です。

川中醤油のお歳暮2014

 

本田はここまで大掛かりなDMは作っていませんが、ハガキタイプ程度のDMなら作ってますよ。たとえばこんな感じです。

f:id:kawanaka_shouyu:20141115225636j:plain

 

上記は過去に作ったDMです。今日はDM作る上でのルールでも書いてみようかなぁと思います。全く需要がないかもしれないですけど、本田が何をしているのか改めて伝えられたらと考えまして、少し書いていこうと思います。

 

まずはサイズ

上のハガキDMはハガキが2枚くっついたタイプのものです。だから横に2倍ですね。ハガキサイズはタテ148mm、ヨコ100mmです。なのでタテ148mmでヨコが200mmのサイズで作ればいいんですねー。

 

次にトンボ

f:id:kawanaka_shouyu:20141115230617p:plain

 

四方に何か線がありますよね、これがトンボです。なんでトンボって言うんですかね、そこは本田も知りませんが、この線の意味は知ってますよ。この線非常に重要で、例えばハガキを印刷した時にピッタリとハガキのサイズで出てくるわけじゃないんですね。大きな紙に印刷されて出てきて、その後裁断するんですね。その裁断する時の目印となるのがこのトンボです。これがないとどこ切っていいか分からないからマジで必須な要素ですよ。

 

あとアウトラインも重要

ちょっとむずかしい話しになってきますが、皆さんのパソコンには「フォント」って入ってますよね。そのフォント、他のパソコンと入っている種類が全く一緒ってことは多分ないです。皆それぞれ好きなフォントを入れています。例えばデザイン会社の人なんかはその人なりの好きなフォント入れてます。

 

だから自分のパソコンと人のパソコンに入ってるフォントは基本的には違う。となるとどうなるのか?自分が印刷屋さんに印刷をお願いした時に文字の部分が化けちゃうんですね。文字化けってのは簡単に言うと文字が正しく表示されないってこと。だから本田が意図してるデザインの形と印刷屋さんで見た時のデザインが変わってしまうという事なんです。

 

話がややこしいですが、要は違ったデザインの形になってしまうってこと。それだと色々とこちらも困りますよね。そうならないためにアウトラインという処理を行うんですね。illustratorというソフトでアウトラインをかけます。そうすると文字情報を図形として変換するんです。そうすれば印刷屋さんで見た時もこちらの意図したデザインで見えています。

 

大事な部分としてはここらへんですね。いや書けばもっとあるんですけどね。あとは端折ります。とりあえず本田はこんな事しながら仕事しています。

 

仕事の一部分をお伝えしました、ちょっとでも伝われば嬉しいですねー。それではまた!