今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

back numberについて書く

と言いながらあんまりback numberについて知識がないのがホントのところです。本田がback numberを知ったのは、「back numberは良いよ」という彼女の勧めから。

 

そこで色々とNAVERまとめとかでback numberを調べて聴き漁りました。色々聞いてよかったのは「花束」。ファンの中でも評価の高い曲のようです。

 


back number - 花束 (Short ver.) - YouTube

 

付き合っている男女の掛け合いが歌詞になっており、その世界観に引き込まれます。内容はこれからの私たちどうなるの?と聞く彼女に彼がとりあえず一緒にいたいよとわりと適当に答えます。しかし彼の本心としては結構真剣に将来のこと考えており、これから苦楽を重ねながらやっていきたいみたいな内容です。(結構ざっくり説明しました)back numberの曲の中では確かにお勧めです。

 

次に本田がお勧めしたいのは「繋いだ手から」という曲。


back number - 繋いだ手から - YouTube

 

これは花束とは真逆で失恋の歌ですね。失った彼女の事を綴っています。付き合っていた当時を思い出して、後悔している内容です。わりとback numberはこういった失恋の歌が多いようです。


back numberはなぜ失恋を歌い続けるのか 情景描写を駆使した詞世界を読む - Real Sound|リアルサウンド

 

失恋の歌って本田も結構好きで、ハッピーエンドで幸せになるラブソングよりも、ちょっと物悲しい歌のほうが聴きやすいんです。あくまで本田の嗜好ですがね。ハッピーエンドすぎる歌だとちょっと聴いてて恥ずかしいと言いますかね。悲しいぐらいのほうが好みというだけです。あと過去の恋愛とシンクロさせたりして「あぁ、こんな感情俺もあったなぁ」と共感してます。モテない自分は失恋ソングのほうが共感できますからね。

 

そんなback numberが初のライブDVDを出したようです。結構ここに来て勢いの出てきたback number。これは買っとくべきか現在悩み中です。

 


back number 初のライブ映像作品「love stories tour 2014〜横浜ラ ...