今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。好きなことやら興味のあること書いていきます。

遅発型フードアレルギーと気づいて1ヶ月

遅発型フードアレルギーの症状が分かって1ヶ月が過ぎた。 

 

分かって以降の記録を書いてみる。

 

食事

卵と乳製品がアレルギーなので、極力それを口にしないだけ。意外と簡単だなと思っていたが簡単ではないな。まずは食生活のスタイルから見直さなければならない。

 

これまで朝はコンビニ飯で済ませていたが、どうもそういうわけにはいきそうもない。コンビニで売ってるモノは卵・乳製品を含んだ食品が多い。パン系は間違いなくダメ。今までサンドイッチやらブリトーやら好きで食べてたけど、そういうわけにもいかない。なので朝はおにぎりに切り替えた。

 

昼食はお弁当を作ってもっていくので、コントロールしやすい。和食中心のメニューでだいたい固めてる。ひじき、ほうれん草、おから、きんぴらごぼうなどをおかずにする。そしてインスタントの味噌汁を持ってきとけばとりあえずOKだ。

 

そして夜だが、これも妻には卵と乳製品を除いてと伝えているので、特に心配する必要はない。だいたい好きなものを食べているが、栄養面で偏りがちになってる気もする。これは改善が必要だ。

 

あと自分が好きな嗜好品でカフェオレがある。あれはどうしても飲みたいもの。ただ乳製品なので、我慢せざるを得ない。ただ世の中便利なもんで、牛乳と似たような代用品が売っているんだな。それは豆乳です。

 

豆乳ってなんとなく牛乳が入っているのかなぁって思ってた。(ホント興味なくて豆乳を何も知らなかった)でも豆乳とは大豆から作ったもの。いやぁ、見た目と食感はほぼほぼ牛乳なので世の中すごいなーってフツーに感動した。

 

精神面

前は何が原因なのか分からない中過ごしていたが、今はこの原因があるから気をつけようって判断できる。知ってるのと知らないとでは全然違う。前より楽な気持ちで毎日を過ごしていけてる。これは本当に喜ばしいこと。

 

ということでこの体で生きていく

今まで大きな病気怪我もなくて、五体満足に37年生きてきたけど、今こうしてアレルギー症状が分かって若干これからの人生が暗くなりかけたけど、案外食品を制限されても落ち込んでない。制限されることのストレスもあまりない。まぁ、これは自分が卵と乳製品だったからなのかもしれないけど。もし小麦だったらマジでキツいなぁーって思ってたかも。

 

この件については引き続き書いていきます。

それでは。