今を楽しく生きる

楽しく生きるかどうかは自分次第。

良い事を考えるには、その考えに至る根源を治さないとダメって話。

人知れず悩んでる。

 

何に悩んでいるのか、それは自分の生き方にというか考え方について。嫌になるくらいネガティブ思考なのだ。

 

例えばつい先日、車を運転していて急な割り込みに遭ってイラッとした。怒るのは至極普通の事と思うがそうじゃない。イラッとした理由が自分の中にあるのだ。理由は自分の中にある常識。「割り込む前にしっかり車間を取ってウィンカー出すべきだろ!」という考え方。その考えは自分が生まれ育った文化や環境・親の教育・学校での教育などから形成してできたもの。または関わってきて人たち。親兄弟は勿論、友人・知人・先生・先輩後輩・同僚などなど…。それらによって出来たものが観念というもの。観念があるから思考が作られる。

 

今、自分が作り出す観念はマイナスなものが多い。ネガティブ思考はホントに良い事ない。

 

上の割り込まれた件にしても、例えば「あぁ、急いでるんだな。事故らなくて良かった」と思う事もできるはず。でも俺はまだそんな考えになることができない。残念ながら出来ないね。そんで出来ない自分にイライラすんのね。「あー、イライラしたら良くないよ、ポジティブに生きなきゃいけないのに」ってね。

 

なんかそんな感じでとにかく悪循環。だからこんな考えに至る元の考え方(観念)を変えていきたい。

観念を修正するのはどうしたらいいか?

観念を変える方法を色々と探してきて、今取り組んでいるのが「認知行動療法」というものに出会った。認知行動療法を引用すると以下のような事。

cbt.ncnp.go.jp

認知療法認知行動療法は、うつ病や不安障害などに対する治療効果が実証されている精神療法(心理療法)で、個人で行うものの他に、集団や家族を対象に行うものがあります。また、医療以外でも地域や職域の精神保健分野や、法律や教育に関連した領域などで認知療法認知行動療法のスキルが活用されるなど、その適用範囲は大きく広がってきています。

 

観念を変える上で、認知行動療法は役に立ちそう。自分でもやったりやらなかったりで全然実感を得れてないんだけど、自分が求めていたのはまさにコレなんだ!って思えた。

 

lifehack2ch.livedoor.biz

 

上のエントリーみたら、実際にやっている人たちの意見も読めて為になる。そんで自分も実践したいなーと思って書籍を買った。124Pとページ数はそれほど多くないが、内容は結構充実している。認知行動療法が何か?どうやって実践するか?そして自分が変えていきたい観念(この書籍では信念となっている)の事についても触れている。

 

 

まとめ

正直まだ自分はネガティブを無くしきれていない。というか正確にはネガティブを無くすことは無理みたい。そして人間ネガティブに傾きやすくなってみたいだし完全なるポジティブ野郎になるのは不可能らしい。

 

でもその割合を減らす努力は怠ってはダメ。考え方に至るその根源を直せばポジティブの割合が増えて人生がどんどん楽しくなる。そう考えたらやらないのは損って気になりませんか皆さん?

 

人間辛い事から逃げて、快楽を求める生き物。その欲求を大事にするのは悪いことじゃないって思う。皆幸せになることだって出来ると思う。

 

まとまってるようでまとまってない。じゃあまた。